Ski&Official日記

10月から4月は、ほぼ毎週スキー。 それ以外の時期は車いじりや走行会、オフィシャル活動にいそしんでます。

雪無し県に産まれてはや5◇年、スキー歴は3◇年のレジャースキーヤー。
10月の地元イエティナイターからシーズンインして、ハイシーズンはほぼ毎週末志賀高原へ出撃し、平日のイエティナイターと織り交ぜてスキー三昧の日々。4月末まではスキーを楽しんでます。
それ以外の時期は車いじりやFSW走行会、FSWでオフィシャル活動をしています。
そんな凡人の日々を綴っていきます。
勘違い等ありましたらスルーして下さい。
広告・勧誘・事業等の説明はこちらの判断で即座に削除しますのでご遠慮下さい。

マイカー

9/27(日) アウディにホイールスペーサー取り付け(備忘録)5

この作業は9/27(日)に行いました。
ブレーキフルード交換で4輪脱着するので、以前から気になっていたホイールの引っこみをツライチにすべく、スペーサーを入れてみました。
本来の希望は19インチ化してインセットを合わせてホイール単体でツライチにすることでしたが、如何せん中古ホイールの出物が少ない。
今使っているホイールはキズも殆ど無い上物だし、タイヤの山もまだまだある、第一ベンツ新車装着していたSports Contact3なので性能は間違い無し。
もったい無いのでスペーサーにてツライチ化を目指すことにしました。
現在のホイールは8J-18、インセット45です。タイヤサイズは245/40R18と純正サイズ。
これでツライチ化するには何mm出せば良いか調査した所、8Jならインセット35でも検査員によっては車検不合格かもとのこと。
というわけで安全見て8mmのスペーサーを噛ませることにしました。45-8=37mm、8mmスペーサーを噛ませることでインセット37mmと同等になります。ギリギリまで2mmの余裕を残しました。
アウディはホイールナットでは無くボルトなので、ロングボルトも購入する必要があります。純正が25mmだったので+10mmの35mmのボルトも20本購入しました。
さて、以上を週末までに準備した所でブレーキフルード交換ついでにスペーサーを挿入しました。


16012022735045

スペーサー挿入前


16012022773416

こんな8mm厚のリングを挟みます。
外車はボルト固定なので、スペーサーで厚みが出た分は、ホイールボルトを長くすれば対応出来ます。その点では国産車のナットより柔軟な対応が可能です。


16012023375722

フロントタイヤ、前から、挿入前。


16012023506475

フロオントタイヤ、前から、挿入後。


16012023402633

フロントタイヤ、後ろから、挿入前。


16012023531006

フロントタイヤ、後ろから、挿入後。


16012023424144

フロントタイヤ、上から、挿入前。


16012023552357

フロントタイヤ、上から、挿入後。


16012023632218

リアタイヤ、前から、挿入前。


16012023746811

リアタイヤ、前から、挿入後。


16012023654839

リアタイヤ、後ろから、挿入前。


16012023771482

リアタイヤ、後ろから、挿入後。


16012023676410

リアタイヤ、上から、挿入前。


16012023795683
リアタイヤ、上から、挿入後。


#アウディ #A4アバント #8K #クワトロ #中古車 #スペーサー #ホイールスペーサー #ツライチ #8mm


9/27(日) アウディのブレーキフルード交換(備忘録)5

この作業は9/27(日)に行いました。
9/18の走行会でブレーキタッチがスポンジーになってしまったので、取りあえずフルードを交換することにしました。
嫁車パレットと一緒に纏めて作業しました。


16012022529598

アウディはエンジンルーム後端がカバーされています。リザーバータンクもカバーに覆われているので、まずはこれを脱着します。


20-09-27-19-55-57-384_deco

ここにプラスチック製のナット?があります。左右各1箇所。手で緩めることが出来ます。


20-09-27-19-56-17-973_deco

反対側。


16012022616701

センター部分にバッテリー救援端子のカバーがあります。ここも外します。



20-09-27-20-02-52-710_deco

カバーの中にビスが1箇所あります。ここも外します。


16012022669823

リザーバータンクの周辺はこんな感じでカバーされています。


16012022698414

カバーを外しても全容は見えませんが、液面は見えます。


16012022798007

リアの交換作業です。


16012022826088

エア抜きバルブは11mmのレンチを使用しました。


16012022881040
こちらはフロント側。


16012022909261
フロントもエア抜きバルブは11mmのレンチを使いました。


#アウディ #A4アバント #8K #クワトロ #中古車 #ブレーキフルード #DIY #モノタロウ #オイルポンプ #電動オイルチェンジャー


9/27(日) パレットのブレーキフルード交換(備忘録)5

この日曜日は雨降らないうちにと朝7時から車弄り😅

今回のメニューは先週電動ポンプ故障で延期していた、嫁車スズキパレットのブレーキフルード交換です。


16012000091450

まずはジャッキアップ。今回はリア左右、フロント左右で上げることにしました。
リアは左右をつないでいるトーションビーム?に当ててジャッキアップしました。


16012000137191

新兵器、モノタロウ電動ポンプを使ってフルードを抜き取ります。
ポンプの音も静かでアストロに比べて作りもしっかりしている感じです。


16012000165112

モノタロウオイルチェンジャー。


16012000185553

リアはドラムの後ろにエア抜きラインがあります。
8mmのレンチで緩めます。
エア抜きした最後には、ラインからの漏れが無いかブレーキペダルを何度が踏んで確認します。


16012000442637

こちらはフロント、サスペンションメンバーに当ててジャッキアップしました。


16012000252115

フロント側も同様に作業します。


16012000346966

フロントのエア抜きは10mmでした。
問題なく終了し、最後にブレーキペダルを数回あおってペダルタッチを確認して終了です。


#スズキ #パレット #MK21S #ブレーキフルード交換 #モノタロウ #SUZUKI

9/22(火) アルハイにRECS施工(備忘録)5

4連休最終日も午後から車弄り😅

今回のメニューはアルハイのエンジンカーボン落とし、通称RECSをDIYで施工しました。


16007555895870

エンジンルームです。

ここからインマニに接続している負圧ラインを探します。


16007555919611

エアクリボックス手前側を脱着します。


20-09-22-15-25-24-122_deco

更にエアクリボックスを固定しているボルト4箇所を脱着します。

うち右から2番目は緩めるだけにしておきます。


20-09-22-15-25-51-614_deco

向かって左側奥にヘッドから出ているブローバイホースを発見。

エンジンかけてみたらバッチリ負圧が来ていました。

ホースを辿ったらインマニに接続されていたのでここでOKです。


20-09-22-15-26-24-815_deco

ホースを外し、ヘッド側にはガムテープで蓋をして、ホース側に点滴のホースを接続しました。


16007556327375

とりあえずエアクリボックスを元に戻します。


16007556362036

エンジン掛けて点滴スタート。

240ccを1時間強で添加終了しました。


点滴はこれくらいの速度で行いました。
早く添加し過ぎるとウォーターハンマー現象が起こったり、最後に吹かした時にエンジン内の残液が一気に排出され白煙モクモクになったりします。
一時間以上かけて、ゆっくり目の添加がちょうど良いようです。


#トヨタ #アルファードハイブリッド #ATH10W #ワコーズ #WAKOS #TOYOTA #RECS #レックス#点滴

9/21(月) アルハイにエアコンオイル&ガス注入(備忘録)5

4連休3日目も朝6時に起きて車弄り😅

今回のメニューはアルハイのカーエアコンにエアコンオイルとガスを注入しました。

使用したのは私の定番、モノタロウブランドです😅

16007569629520

用意した男前モノタロウブランドのエアコンオイルとR134aのガス200gです。


16007569663511

使った道具はこれです。

圧力計のゲージは適当なので目安です😅


16007569710972

何と!

アルハイのエアコンラインL側はエンジンルーム下側、ってことでまずはジャッキアップが必要です😫


20-09-22-15-46-05-936_deco

ジャッキアップしてアンダーカバーを脱着します。

多分ボルトとビス15箇所くらい外したと思います。


20-09-22-15-46-40-935_deco

カバーを脱着すると助手席側にL側の接続口がありました。


20-09-22-15-47-04-609_deco

拡大します。


20-09-22-15-47-22-439_deco

ここです。


16007569952818
先にエンジン掛けてエアコンMAXで運転してガスを流しておきます。

その後エンジン切って準備したエアコンオイルと接続アダプターを接続します。


16007569983829

無事接続出来ました。

L側が下にあるので一度エアコン掛けてガスを循環させて、下側に溜まったドレン?を回しておく必要があります。


16007570010000

無事接続出来ました。


16007570046271

オイルが添加し終わったら、一旦ホースを外して、今度はガスの缶を接続して、ガスを注入しました。



16007569851305

今回の作業とは関係ありませんが、下回り見たらこんな所が錆びていました。

こういう箇所がダメになって、車を乗り換えることになるのかもしれませんね😫


#トヨタ #アルファードハイブリッド #ATH10W #エアコンオイル #R134a #TOYOTA

9/20(日) パレットのブレーキパッド交換(備忘録)5

4連休2日目は雨降らないうちにと朝6時に起きて車弄り😅

今回のメニューは車検準備で嫁車スズキパレットのブレーキパッド交換です。

リアはドラムなのでフロント左右のみ、準備してのんびり作業しても一時間掛からず終了。

16005582247930

今回はモノタロウブランドの国内生産品をチョイス。


16005582363651

現在使用中のブレーキパッド。

かなり減ってました。


20-09-20-08-33-11-242_deco

上下二ヶ所のボルトを緩め、下側は抜きます。


16005582426463

上側を支点にしてガバッと持ち上げます。


16005582522186

減ったパッドに合わせて飛び出してきたピストンを専用工具で戻します。

この作業の前にリザーバータンクのブレーキフルードをある程度抜いておきます。


16005582564007

無事戻りました。


16005582595418

バックプレートを移植して、コパスリップ塗って組んで、新しいパッドを装着します。


16005582620539

元に戻して完成です。

最後にお約束のブレーキ数回踏んでピストン戻して終了です。


16005582493195

こちら右側の新旧パッドです。

16005582851311

こちらは左側。どちらも交換時期が来てましたね。

ついでにタイヤの前後入れ換えも実施しました。


20-09-20-08-33-40-385_deco
駄菓子菓子、作業中にステアリングラックのジョイントブーツ右側からのグリス漏れを発見😫

これは11月の車検で整備工場に交換してもらいます。


やはり新車購入から9年、約10万km走ると不具合が出てきますね。


最後にパッド交換ついでにブレーキフルードも交換しようと思ったら、電動オイルチェンジャーがうんともすんとも言わず😫


うーむ、アストロプロダクツブランドは耐久性に難ありか😫😫😫


多分10回程度しか使ってないのに壊れました😫


#スズキ #パレット #MK21S #ブレーキパッド交換 #モノタロウ #SUZUKI

9/13(日) アウディにブースト計取り付け(備忘録) 5

この作業は9/13(日)に行いました。

9/18のFSW走行会に備え、ブースト計を取り付けました。

万が一の気休めみたいなもんです😅

なので、精度の高い国産メーターは必要無く、単体で動作し簡単に接続出来そう、しかし今さら機械式は無いだろうと思い電子式メーターで探すことにしました。

結果、台湾製AUTOGAUGEのピークホールド付ブースト計にしました。


16000049102630


16000049127291
購入したのはこちらのブースト計です。

60Φの548というタイプのメーターです。

このメーターはリンク式ですが、別体のコントロールユニットは不要というお手軽接続仕様が気に入りました。

配線するのは常時電源、アクセサリー、アースの3ヶ所のみ、イルミネーションONと同時にメーターの色を変える場合は、イルミネーションにも接続する必要があります。


20-09-13-22-50-18-667_deco

まずはインマニ圧力の取り出しです。

アウディA4にはインマニ圧力を取り出す場所がありません。

探していたら何と!ブローバイホースの途中に噛ませるアダプターが売ってたのでAmazonで購入。

取り付ける場所はこちらになります。



20-09-13-22-50-43-182_deco

ホースを外してアダプターを間に噛ませて接続を戻します。

ここに三ヵ所圧力取り出し端子を設置出来ますが、今回は一ヶ所で良いのであとの二ヶ所は付属のイモネジで塞ぎました。



16000049232244

圧力を取り出し、シリコンホースでセンサー部分まで配管を取り回します。

こんな感じで取り回しました。



16000049257745

途中に付属のエアーフィルターを噛ませます。

こんな感じで固定しました。



16000049283716

圧力センサーはこんな感じで固定しました。



20-09-13-22-51-19-453_deco

センサーとメーター本体を繋ぐケーブルを這わせます。

ここの隙間にケーブルを通します。

市販の配線通しを使いました。



20-09-13-22-52-56-671_deco

続いてこちらのECUボックスを開けます。

画像三ヵ所のT30トルクスネジを外します。

ネジを落とさないよう注意しましょう。


20-09-13-22-54-10-943_deco

ECUがこんにちは。

左右二ヶ所のツメを外側に開くとECUが取り出せます。


16000049448002
こんな感じで横に置いておきます。ECUボックス内にケーブルを入れます。


20-09-13-22-53-37-895_deco
画像の箇所にカッターで切れ込みを入れて配線通しを使って這わせました。


20-09-13-22-54-32-071_deco

ズラしたECUボックスの下側は運転席下側に貫通しています。ここにケーブルを落とし込みます。

画像黄色枠部分はフロアマットが見えてます。


16000049537134

運転席足元から見上げた画像です。

ケーブルが垂れてます。



16000049565835

こんな感じで配線通しを使って室内に入れました。



16000049597306

ECUを元に戻して蓋をしてエンジンルーム側は終了です。



20-09-13-22-55-02-138_deco

続いて電源確保です。

常時電源は左側、アクセサリーは右側のヒューズから分岐して取り出しました。

電気が通ってる側に分岐する方を接続して下さい。

分岐側には管ヒューズが付いてますので、万が一の時には管ヒューズが切れて保護します。


20-09-13-22-55-28-896_deco
アースはこんな感じで接続しました。



16000049690339

最終的にこんな感じで完成しました。

動作確認OKでした。



16000049713750

電源OFF。



16000049753891

電源ON。

16000049781992

ホワイトとレッドが選択出来ましたが、メーター照明と合わせてホワイトにしました。


オープニングからの動作です。



#アウディ #A4アバント #8K #クワトロ #中古車 #ブースト計 #B8 #8K #AUTOGAUGE #オートゲージ #ピークホールド#60Φ

8/19(水) ショックアブソーバー交換(備忘録)5

これも先日実施した作業です。7/24に交換しました。

今回の作業はショックアブソーバー交換。尤もこの作業はDIYではなく、

取付け業者さんにお願いしました。

レガシィの車高調なら何度もDIYで取付していますが、勝手の分からない外車なので、

今回は作業手順の確認を兼ねて、取付け業者さんにお願いすることにしました。


アブソーバーはネット通販で購入したので、取付け作業は持ち込みとなります。

以前から気になっていた、地元の出張取付け専門の業者さんにお願いしてみることにしました。

この業者さん、最近アウディA5のアブソーバー交換もされていて、

且つblogに記事を上げていたので、ほぼ同年式で同じ足回りのA4も段取りが分かっていて
信頼できると考えたからです。

今回はこの業者さんの事務所?作業場所?へ出向き交換作業をお願いしました。


今回、私は作業していないのですが、全ての作業を見学して全体の流れを把握したため、

自分への備忘録という意味もあります。


作業手順は大凡以下の通りです。ジャッキアップやホイールボルトを緩めるなどの

当たり前の手順は省きます。

1)フロント側から。ボンネット奥、フロントガラス手前のプラスチックカバーを脱着する。

 左右の手で回せるプラスチックビス各1本、ゴムモール、中央部の救援端子蓋を開けて見えるプラスチックビス1箇所、

 以上を外して左右どちらから手で引き上げると脱着出来る。

2)フロントアッパーマウント4か所のボルトを緩める。

3)上部Aアームの連結ボルト&ナットを脱着し、アーム2本をアブソーバーユニットと分離する。

4)アブソーバー下部のアームとの固定ボルト&ナットを脱着する。

5)スタビとスタビリンクのボルト&ナットを脱着する。

6)アブソーバー下部をアームから抜き取るため、スプリッター?という工具を
アーム接続部割れ目に差込み割れ目を広げてからアブソーバー下部を抜き取る。

7)アッパーマウント部のボルト4本脱着し、パズルのようにアーム類を避けつつ、
サスペンションユニット一式を抜き取る。

8)スプリングコンプレッサーでバネを圧縮し、アッパーマウント上部ナットを緩めて
バネとアブソーバーを分離し新しいアブソーバーに移植する。

9)逆の手順で取り付ける。


10)リア側。こちらはアブソーバー固定ボルトが車体外側に付いているので、
内装をバラす必要も無く国産車より楽です。

11)まず、2分割されているリアフェンダー内張りの中央部で固定しているプラスチッククリップ2か所を外す。

12)内張りの下側にアブソーバー上部を固定しているボルト2か所がありますので確認します。

13)アブソーバー上部の固定ボルト2本を緩める。

14)アブソーバー下部が1箇所ボルト&ナットで固定されているので、ここを脱着する。

15)最後に、脱着したアブソーバーを車体から抜き取り、
アブソーバーのロッド上部のナットを緩めてアッパーマウントを脱着し、
部品一式を新しいアブソーバーに移植する。

15)逆の手順で取り付ける。

16)リアはアブソーバーとバネが別体のため、スプリングコンプレッサーは使わない。


フロント側の作業難易度は高いですが、リアは国産車より簡単かもしれません。
バネが別体のためスプリングコンプレッサーでバネを縮める必要もありません。


15960714333493


15960714307552
今回購入したのはKONIのACTIVEというアブソーバーです。
特殊なバルブにより伸び側の減衰力が自動調整される仕組みのようです。

15960714393264
このカバーを脱着します。
左右各1箇所のプラスチックビス、救援端子カバー下のプラスチックビス1箇所、
合計3箇所を外してゴムモールを脱着して引っ張り上げると外れます。
このカバーの下にアッパーマウント固定ボルト各2本が隠れています。

15960714542415
純正サスペンション。ゴツいアッパーマウントは4点固定。
その下にアームが2本あります。

15960714623588
このアームはご覧のようにボルト&ナットで固定されているので、これを緩めて脱着します。

15960714569426
外れるとこんな感じになります。

15960714677519
アブソーバー下部のボルト&ナット1箇所を緩めます。
ここは緩めただけでは外れません。真ん中の割れ目にスプリッター?という工具を入れて
割れ目の隙間を開ける必要があります。
多分、貫通のマイナスドライバーなどでも代用できるような気がします。

15960714704320
スタビとスタビリンクを連結しているボルト&ナットを脱着し、スタビが効かないようにします。

15960714733831
アブソーバー下部と連結していたアーム下部と別のアームを連結しているボルト&ナットを脱着します。
これでサスペンションユニット取り出しに必要な箇所を緩めることが出来ました。
あとはアッパーマウントを固定しているボルト4本を緩めてサスペンションユニット毎取り出せばOKです。

15960714836052
取り出したサスペンションからアブソーバーを分解脱着した所。
KONIとの比較です。

15960714860513
S-line純正アブソーバーの品番です。
ベルギーのモンロー社で製造されたようです。

15960714886194
いきなりですが、バネ、アッパーマウントを組み付けて元に戻します。

15960714908875
アブソーバー下部もこんな感じで戻します。

15960714933746
上部のアーム2本も戻します。

15960715063637
こんな感じでフロント2本の交換終了です。

15960715133058
次はリアです。交換前の状態。
既に脱着されていますが、インナーフェンダーがサス中央部付近で2分割されます。
ここはプラスチックビス2箇所で固定されているので、これを脱着しておきます。
画像では既に脱着完了し中央部に隙間が出来ています。

15960715159739
インナーフェンダーをめくるとボルトが見えます。

15960715183360
反対側にもありますので、ボルト2本で車体外側から固定されています。
過去所有した国産車はリアアッパーマウントの固定は車体内側でしたので、
外側で固定されていると内張を脱着する手間が無く楽ですね。

15960715210481
取り外したリアショックアブソーバーです。
バネとアブソーバーが別体ですので、スプリングコンプレッサーでバネを縮める作業は不要です。
アッパー2箇所、ロア1箇所、合計3箇所で固定されているだけ、バネは別体なのでリアの交換はDIYでも可能と思います。
リアの作業はかなり楽な部類だと思います。

15960715284242
新旧の比較です。

15960715309483

15960715338914
新車装着アブソーバーの型番です。

15960715364995
取付完了しました。
15960715390126
下側はボルト&ナット1本で固定されています。15960715415627
下側から上側を。

15960715439608
別角度から。

ざっと、こんな感じで3時間ほどで4輪交換終了しました。




参考までに、脱着したリアショックアブソーバーのお疲れ具合を動画で撮影しました。
上は新品KONIとロッドを縮めてから戻るまでの動きを撮影。新品KONIとは明らかに戻り速度が違います。
戻りが遅いということは内部のオイルが劣化しているということですね。

下の画像は左右の比較、片側は殆ど戻ってきませんでした。
完全に終わっているアブソーバーでしたので、交換して正解でした。

#アウディ #A4アバント #8K #クワトロ #中古車 #ヤフオク #B8 #8K #ショックアブソーバー #KONI #コニ #サスペンション 

8/17(月) LEDフォグを交換5

先日交換したLEDフォグ、スイッチON/OFFで3色に切り替え可能なのですが不具合発生のため
別のLEDフォグに入れ替えました。
不具合というのは、私はコーディングでフォグをコーナーリングランプとしても利用しています。
コーナーリングランプなので曲がる方向のフォグが点灯します。
そうするとフォグを点灯した時に左右で色が異なってしまいます。
1回目:ホワイト
2回目:イエロー
3回目:ミックス
なんですが、コーナーリングランプとして例えば右側だけ点灯すると、点灯回数がズレてしまうのです。

というわけで、B8アウディA4では定番の「みね商店」のH8LEDフォグ、3000Kを購入し入れ替えました。

15976594150860
購入した商品です。点灯確認のみの中古をお安くGET出来ました。
アウディA4専用を唄うだけあって、作りがしっかりしています。
これなら安心して使えそうです。

15976594196381
交換手順は別で記載した通りです。
早速点灯。

15976594222642

15976594249183
近くで見るとこんな感じ。
このランプ、LED発光面の角度調整が出来るのですが、左右とも特に調整不要と判断し、
そのまま取り付けています。

#アウディ #A4アバント #8K #クワトロ #中古車 #ヤフオク #B8 #8K #フォグ #LED #FOG #H8 #みね商店

8/14(金)シーケンシャルウインカーキット取付け(備忘録)5

7月に実施した作業ですが、今頃投稿します。

ネットサーフィンしていたら、アウディA4前期でシーケンシャルウインカーにしている人を見つけました。

これは後期でもいけるかもしれない、ということでチャレンジすることにしました。


使用したのはPIVOTさんからアウディA3、VWゴルフ7用として発売されている、
シーケンシャルウインカーキットです。

取説はありませんが接続する配線さえ自分で探せれば、取付は可能です。

このキットは片側で2分割されたウインカーの外側だけを若干タイミングを遅らせることで、
流れているように見せるウィンカーです。


作業手順は大凡以下の通りです。

1)外側ウインカーに通電している配線の色を確認する。

2)これと同じ色の室内側配線を探し、配線を切断しギボシ端子加工する。

3)ギボシ端子をハンダ付けする。

4)キットの配線を割り込ませ、固定してダイヤルでタイミング調整する。


書くと簡単ですが、ウインカーの線を探すことと、

狭くて配線に余裕の無い室内側配線を切断してギボシ加工するのは、
手先の器用さが求められ難易度が高かったです。


15948503270437


15948503292478
使用したのはこちらのキットです。VWゴルフ7及びアウディA3用ですが、
アウディA4でも取付け、動作は可能です。
取付け説明書は無いので、独力で配線を探す必要があります。
なお、このキットは既に絶版で市場在庫限りのようでした。


15948503376981

まずはテールランプ外側を脱着して、どの配線がウインカーなのかを確認します。


15948503318359

15948503347740

こんな感じでテスターで調べた所、左右ともに1の配線だということが分かりました。
右側はグレー/白、左側は黒/緑、という配色でした。


15948503404152

15948503429683
この色の配線の室内側を探しますが、左右カーゴルーム脇の蓋を開けると直ぐにそれらしき配線の束が見つかり、

その中から同色の線を見つけました。


15948503482674

これを切断してギボシ端子に加工して、最後に配線接続部をハンダ付けしました。

15948503513305
しっかりアースも取ります。


15948503539776

左側は最終的にこんな感じになりました。


15948503566527
こちらは右側です。1番のグレー/白がウインカー配線でした。

15948503683880
配線に割り込ませて接続しました。
1番配線切断、ギボシ端子加工、ハンダ付け、キットの割込接続、です。

15948503634508
本体はこの辺に固定します。

15948503659479
アースもしっかり取ります。

点滅確認します。ダイヤル調整でズレるタイミングが調整できますが、
私は一番遅くなる(ズレる)タイミングにしました。


点滅確認の動画です。通常のウインカー動作です。




シーケンシャルウインカーにした状態です。




#アウディ #A4アバント #8K #クワトロ #中古車 #ヤフオク #B8 #8K #PIVOT #シーケンシャルウインカー #流れるウインカー #SWC

ギャラリー
  • 10/21(水) 146回目の献血
  • 10/21(水) 146回目の献血
  • 10/21(水) 146回目の献血
  • 10/21(水) 146回目の献血
  • 10/18(日) 富士スピードウェイ
  • 10/18(日) 富士スピードウェイ
  • 10/18(日) 富士スピードウェイ
  • 10/18(日) 富士スピードウェイ
  • 10/8(木) 長野券に当選しました❗😊
最新コメント
QRコード
QRコード
プロフィール

ほっぽ

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: